口腔ケア用品の実態について

口腔ケア用品と言えばケンコーコムなど、大手や中堅どころの企業がすぐに見つかりますが、実はこれらの企業が販売しているアイテムは国内外の零細企業が製造しています。口腔ケア用品に限らず、どの分野でも同じことが言えるでしょうが、零細企業にとって製造は命です。

分り易くいいましょう、零細企業にとって今製造しているアイテムは、自社を守るうえでとても重要な事です。例えばクライアントからの要望を聞き入れると赤字での生産となる場合でも聞き入れなければ「それでは他社にお願いするよ」と成ります。

例として挙げれば⇒口腔ケア用品の販売をしている企業

ゆえに口腔ケア用品(だけでは有りませんが、しつこく書くと読み難くなるので以下省略)は価格競争と成り、結果的に零細企業から見れば「何をしてるのか解らない」状態に陥ります。さらに真実を書けば、卸値から想像する価格よりは随分と高い価格設定となります。

じつは口腔ケア用品を販売する為には多くの広告費が掛かります。現状で言うと介護用品の必要性は年々高くなってきています。少子高齢社会と言われて随分と経ちますが、今を考えると介護用品は生活必需品です。現在無関係(と言うか意識にない世代)の方も将来は解りません。

ピンころり等と表現する事がありますが、確かに生きている間はぴんぴんと動き回り、人生の終わりを告げる瞬間はころりと行きたいものです、ですが日本の医療水準は世界的に見ても高度であり、少々の事では死ぬことはありません。

はっきり言えばコロリと死なせてほしいという意見もありますが、人間の本性でしょう、いつまでも生きて過ごしたい。だから、コロリとはいかず多くの人が老後(もちろん人によって環境は違うが)の介護が必要になるのです。

そして介護の中でも一番重要なのが口腔ケアだと言えます。何しろ人間として生きるための源は口から摂る食料です。栄養を取らない限り、人間は衰弱しますからね。もちろん水分も必要ですが、咀嚼する必要はありません。一方食品は咀嚼しなければ呑み込めませんから。

というけで話が逸れました、口腔ケア商品で一般的なアイテムは「スポンジブラシ」で、例えば「オーラルエイド」とか「ハミングッド」とか「オーラルプラス」とか、様々な商品が多彩な企業より販売されています。

サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。

住宅問題を解決しよう|拓夢書房のロゴマーク