ネットで買い物をする人の行動

ネットで買い物をする人の行動は次の三通りに分かれます。一つ目は過去に買い物をしたことがあるネットショップを訪れて目当てのアイテムを探すリピーター。二つ目はブログなどを読んでつい買ってしまう、衝動買い。そして三つ目が欲しい商品がある時に検索エンジンを利用する方法です。

ネットで買い物をする率が高いのはリピーターです。一部の人は「検索エンジンから来た人の購入率が高い」と説明していますが、リピーターの方がはるかに購入する率が高いです。ではなぜ検索エンジンからの来訪する人を推奨するのか? リピーターになる可能性が高いからです。

商品名で検索する人の心理は「その商品をリアルに買った人の口コミ」が知りたいからです。アフィリエイトするなら売りたい商品を一度は購入して、実際に使ってみた感想を書くと、購入を検討している人の役に立つでしょう、人に愛されるような記事を書くことが重要だと思います。

多くの方がネットを利用してショッピングを楽しむ事はすでに理解されたでしょうが、重要になるのが自社商品を購買する意欲のある人を探す方法です。その商品を欲しがる人は「どのような方法で探そうとする」でしょうか? これが分かれば後は対策をするだけです。

中古ドメインの探し方は簡単だ、特定のページ(リンク集のページなど)でリンク切れチェックを行うと良い。リンク切れになっても放置しているサイト運営者は多く、結果的に捨てられたサイトへのリンクはリンク切れ状態になっている

サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。

住宅問題を解決しよう|拓夢書房のロゴマーク