キーワードの選定が自社の未来を左右する

キーワードの選定に関するイメージ画像(夕日の写真)

キーワード選定をする際に必要になるのは自社が扱う商品もしくはサービスの把握です。ここでは具体例として時計の修理を担う企業のホームページを運営するとします。ホームページは顧客を増やすのが目的ですので自社が提供できるサービスに見合ったキーワード選定が必要になります。

このサービスに対するキーワード選定は「時計の修理」と成ります。時計でもなく修理でもなく「時計の修理」が最適なキーワード選定に成ります。と同時にこれらの語句を決定する際には自社の商品やサービスがネット上で需要がどの程度あるのか数値データとして調査する必要があります。

これらの数値はグーグルのアドワーズに参加すればデータとして入手する事が可能です。実際にログインすると運用ツールが有ります。その中にキーワードプランナーと言う機能が有りますので、これを利用してキーワード選定のデータを入手します。

使い方が良く解らない、という方はSEO対策の専門家に聞けば直ぐに分ります。もっとも料金を取られたり、しつこい営業が有ったりする可能性は覚悟して頼るべきでしょう。

具体的な方法ですが「新しいキーワードと広告グループの候補を調査」に進みます。その後ターゲット地区を日本国内(グローバル企業であれば全世界)に設定し使用する語句を日本語に設定します。除外キーワードが分かれば設定を行い「候補を取得」をクリックするとキーワード選定調査が始まります。

この際に得られるデータはネット上の需要(月間の延べ検索回数)とPPC広告に出稿する際の平均的な単価、さらに競合性の強さなどがあります。これらのデータを基にしてPPC広告を実際に出稿したり、自サイトに対してSEOを施したりする事になります。

注意すべき点ですが時計の修理をキーワード選定とした場合には時計と言う単語が人気の高い語句としたデータが得られる点です。検索ボリュームとして書かれているでしょう。ですがよく考えると時計の購入を検討している人も時計と検索します。

この様に自社にとって最適とは言えないような単語は排除してキーワード選定を行う必要があります。この様に考えていくと様々なキーワードが頭に浮かぶでしょう。しかしここで重要なのは集客を重視するあまり、人気キーワードでの集客に着目する方が多いという点です。

例えば誕生日プレゼントなどは誰でも考え付くキーワードで、実際に多くのアフィリエイタ―が運営するサイト(例えば誕生日プレゼントの建前と本音など)が目立ちます。この様な分野での上位表示は難しいだけでなく作業に見合った売り上げを確保する事が困難だと言えます。

何度も言いますが、自社商品の適切なるキーワードの選定が大切になります。

サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。

住宅問題を解決しよう|拓夢書房のロゴマーク